読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れ方

悲しいことがある

希望の在り方の定義

既に5月になった このブログは概念的で抽象的なもので、かつてあったが既に 既に失われているのだ前述したように

ゴールデンウィークは全くゴールデンでなく、ゴールデンウィークはどこに行ったのか全く分からずに去年のゴールデンウィークはもしかしたら存在しなかったかもしれないが、今年のゴールデンウィークは確かにその存在を認識しているにもかかわらず世間の休暇を手の中で持て余している 一昨年は母と出掛けていたような気がするけれど記憶も写真も残っていない

でもゴールデンウィーク昼夜逆転を容易にさせる 実際空が白みはじめたりカラスの鳴き声が聞こえはじめる頃に布団に入ることが増えてきたし今も布団の上でブログ書いてる 寝なきゃいけないのにな

 

生きていれば免疫や耐性がついてくるものだから昔の衝撃や記憶などは凌駕することが難しいと思う ここ最近もインプットに励んだつもりだったがもう零れ落ちてしまったのか、インパクトがあまり残っていない これもそのうち解消されるのか

 

カラスの鳴き声が聞こえるのは中学生の時なんかは本当に珍しくて広い家に住んでいてリールカーテンで朝になると目の前が明確に水色になったものだったし疲れを学校に持っていくのが憂鬱でありときめいたけれどもうそれもないね 去年一度どうしても徹夜したい気分になり朝が来るのが見たくて見たくてしょうがなくて今住んでいる狭い部屋の中で辛うじて一番水色の確認できる部屋で朝を待ったものだったがその時は肌寒くて確か半袖を着て夏だったと思うけど一周した

一周した

今部屋の電気を消したら水色の寸前の色だ

一周して夏が来るのが恐ろしくもありまた新しい夏を意識しながら過ごすかもしれない

正直辛かったが美しくもあった

さっきも夏の虫の音がして、風が夜なのに太陽の匂いがした

もう

 

 

今日は映画を3本見て、この前はずっと読んでた小説と新しく買った単行本を読み終えた 明日も映画を見る予定で課題をそろそろ始めないといけなくて、月曜日になったらまたいつもの取り戻した、取り戻しきれていない生活が再開する

起点をどこに置こうか